<< 15 minutes made vol.5  | main | vol.11『午后は、すっかり雪』 >>
青年団リンク青☆組
vol.10 『花とアスファルト』
★こちらの公演は終了いたしました!ご来場、ありがとうござました。
■劇評を見る / *1 / *2/ *3/ *4/ *5
稽古場日記を見る


昨年12月の春風舎公演『雨と猫といくつかの嘘』に続く、吉田が今もっとも気になるコトバをモチーフに、演劇的な切り口で大胆に飛翔させてゆくシリーズの第2弾。

作・演出:吉田小夏(青年団演出部)
会場:アトリエ春風舎 
日程:2009年8月1日(土)-9日(日)


■チラシの裏面を見る・・
■こりっち☆のページはこちら■ 

生活の中で誰かに出会うということと、人生の中で誰かに出会うということは違う、と言っていたのは、どの小説家だったろうか・・。
さて、今回は、愛読しているいくつかの小説にインスパイアされて生まれたおはなしです。
おはなしは、こんな風にはじまります・・うららかな春のある日、小さな町の小さな団地に、「とても珍しい」住人が引っ越してきた。
ひとりは、女。
もうひとりは、・・妙に毛深い。爪もある。いたって温厚だが、どうやら、クマだ。
きっと、素朴な作品になると思います。
長いこと忘れていた、夏休みのあの日みたいな、そんな素朴な味を地道に煮詰めて美味しく仕上げたいと思っています。そっと、爪を立てながら。
ぜひ、遊びにきてください。

■ご希望の方にはフライヤーをお手元に郵送します!

【出演】 
藤川修二福寿奈央小林亮子*、 林竜三小松留美荒井志郎
長野海*、 中谷真由美 羽場睦子
 (*=青年団)

【タイムテーブル】






の回は、終演後にゲストと演出家によるアフタートークがあります。
8/1  19:30 ・・・多田淳之介(東京デスロック 主宰/青年団演出部)
            『戯曲と演出の幸福な関係』
8/3  19:30 ・・・黒澤世莉(時間堂 主宰 )
            『演出家として最も大切にしていること』
8/5  15:00 ・・・谷 賢一(DULL-COLORED POP 主宰)
            『“作・演出家”というキメラについて』


8/1(土)19:30~ 
8/2(日)19:30~
8/3(月)19:30~ 
8/4(火)19:30~
8/5(水)15:00~/19:30~
8/6(木)19:30~ 
8/7(金)19:30~
8/8(土)15:00~/19:30~
8/9(日)15:00~

■料金■ 
予約:2,700円   当日:3,000円   
学生・シニア券:2,500円(予約・前売のみ)
ペアチケット:5,200円 (2名様:予約・前売のみ)


■チケット発売日■ 2009年7月1日

■チケット予約フォーム■結晶

・日時指定、全席自由、整理番号付
・ペアチケットには、当日券はございません。
 事前にご予約が必要ですので、お早めにお申込みください。 
・前売券の場合は、お手元への郵送費などの実費として、手数料の150円がチケット 価格にプラスされます。
・前売券のお申込者様には、制作部から青☆組の口座番号を記載したメールをお送り します。お持ちの口座によっては振込み手数料が発生する場合があります。
 その際の振込み料はお客様負担となりますので、ご了承ください。
・学生券、シニア券は当日受付にて、学籍や年齢のわかる証明書をご提示ください。
・シニア券は、65歳以上のお客様に発券いたします。
・小学生未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
・開場は、開演の20分前。受付開始は、開演の30分前です。
・開演時間を過ぎますと通常のお席にご案内できない場合がございます。
・本公演は、芸術地域通貨ARTS(アーツ)がご利用いただけます。
(1アーツ=1円) ARTSとは、桜美林大学演劇施設内で施行されている地域通貨です。

【スタッフ】            
舞台監督  喜久田 吉蔵・中村想子
美術  濱崎賢二   
照明  南 香織・小比嘉 朝美
音響  泉田雄太
宣伝美術   空
宣伝写真  chara*coco*
制作  増坂由夏・中嶋英樹・成田くるこ
芸術監督  平田オリザ
企画制作: 青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催: (有) アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
平成2 1 年度文化庁芸術拠点形成事業
協力 :スターダス21 /青年団 /(有)レトル(50音順)









| vol.10 『花とアスファルト』 |